TOP ベンチャーコラム vol.5 『狭いながらも楽しい我が家』団結力の秘密は、トイレにあり!?

ベンチャーコラム

ベンチャーを知ろう!

vol.5
『狭いながらも楽しい我が家』
団結力の秘密は、
トイレにあり!?

朝や昼時、残業時、ベンチャーにおいて『バッティング』が起きる出来事。さて、なんだと思いますか? 「美味しいお弁当屋さんの最後のひとつの争奪戦!」確かにそれもよくありがち! でも、もう一声! オフィスにたったひとつしかないものを奪い合うといえば……ピンと来ましたか? そうです、トイレなのです。

ベンチャーとは、トイレを中心に愛を叫んでみる毎日!?

トイレタイムが重なりがちな時間帯に、特に見られる風景。1フロアに「トイレ博覧会でも開催できるんじゃないか!?」というほどのトイレ数を要する大手と違い、たったひとつの貴重な麗しのトイレ。そのトイレを巡って醜い? 焦燥感たっぷりの? 争奪戦が起こるのがベンチャーです。トイレを中心に愛を叫ぶ!? ならぬ、トイレを巡って冷戦が起こる! はたから見れば、それはもうコントか漫談かのようにおもしろい風景。ですが、当事者たちにとっては笑いたくても笑えない場合も多々あり……。

トイレはひとつ! ならば、解決方法を導くのみ!

我慢できるほどの尿意、便意であるならば、微笑みすらも湛えながら談笑しつつ、仲むつまじい様子で順番待ちできることでしょう。ところが、です。体内でエマージェンシーコールが高らかに響き渡る緊急時となると、そんな悠長なコミュニケーションをとっている余裕はまったくありません。火事場の騒ぎよろしく、鎮火活動に没頭! さあ、えらいこっちゃ! どうする!? おもしろいもので、人間という生き物は学びの生き物です。困った時は、困った時なりの解決方法を導き出します。

『狭いながらも楽しい我が家』養えるのは笑いに昇華させるくらいのセンス

トイレはひとつしかありません。ならば、トイレを求めに自分が動けばいいのです。その姿は、オアシスを求め彷徨い続ける砂漠の放浪者さながらに、トイレを求め他フロア、公園、コンビニなどに駆け込むジプシーキングorジプシークイーン。なんとシュールな人間的行動! 笑っちゃいけない、でも、笑いたい! ひとつのトイレを巡る物語は、必ずや団結力を生み出すことでしょう。いや、そうに違いない。むしろ、そうであってほしい。とどのつまり、そうした体験談も笑いに昇華させるくらいのセンスやメンタリティを養える!と思えばいいのです。「あ~うちって大手じゃないからトイレもひとつしかなくて不便だな~」ではないのです。「今日はあそこのトイレに行ってみようか!」と思えば、ちょっとしたいい旅夢気分(なんて壮大な物語……)。大手にはない『狭いながらも楽しい我が家』になれば、これこそしめたもの。ちょっと笑える(一大事!?)トイレ争奪戦。家族さながらの連帯感が生まれることを祈りつつ!

  • 戻る
  • トップへ戻る
  • 次へ

PAGE TOP