エントリーシート

  • ES提出期限
    3月中旬
  • 提出方法
    マイページ上で
  • 設問
    01.
    学生時代力を入れたこと
    私は大学3年生の時、バスケットボールサークルの女子会長を務め、サークル創立以来初めてとなる女子の試合出場に向け注力した。当時、私たちのサークルは実力を確かめる場がなく、日頃の活動も大きな目的がなく、ただ練習をしているという状態で、私はそれを課題と感じていた。何か共通の目的を持って練習に取り組めば、練習の濃度も向上するのではないかと考え、試合への出場を提案した。賛成してくれるメンバーもいれば、消極的なメンバーもいた。試合に出場するならば、メンバー全員で出場したかったので、全体での話し合いの場を設けさせてもらい、試合出場へのそれぞれの思いを聞いた。7割ほどのメンバーは、せっかく練習しているならばどこかで実力を確かめてみたいと、試合出場に積極的であった。しかし、メンバーの中には、自分が初心者で周りの足を引っ張るのではないかと感じ、消極的になっている人もいた。消極的ではあったが、彼女たちも試合には興味があると言ってくれたので、何か不安を解決する方法はないかと考え、そこで普段の練習の最初の30分間を基礎練習にすることを提案した。これは、初心者の実力を向上させるとともに、お互いの実力の現状把握にもなり互いをサポートしやすくなると思ったからだ。この提案の結果、初心者の人達も含めた全員が試合出場に積極的になり、試合で1勝するという目的ができた。この目的に向け、みんなで協力して現状分析を行い、練習メニューを考え、試合に向けた具体的な戦術や攻撃の際のポジションなどを話し合った。これにより、日頃の練習に活気が出て団結力も向上した。そして試合への出場を決めた半年後の2月に実際に試合に出場し、目的としていた1勝をすることができた。これは、みんなの実力が向上したおかげであるとともに、共通の目的に向けて練習した団結力の向上のおかげでもあると思う。また、試合で初心者の子が4得点決めることができ、それがチーム全体で一番の盛り上がりとなった。この経験から、自分で一歩を踏み出して提案することで状況を変えることができるということが分かった。また、みんなで同じ目標に向かって努力することの大切さとやりがいも学ぶことができた。この経験を活かして、就職してからも自ら1歩を踏み出し、周りを良い状況へと導いていきたい。また、チームワークを大切にし、常に仲間と共通の目的に向けて注力していきたい。
    02.
    志望理由
  • 作成時に注意した点
    次数が多いので、軽薄にならないように心がけました。
  • 結果通知時期
    2週間以内
  • 結果通知方法
    メールで

選考体験談一覧

  • エントリーシート

PAGE TOP