TOP企業検索株式会社 斎藤英次商店
株式会社 斎藤英次商店
株式会社 斎藤英次商店

株式会社 斎藤英次商店

自分のアイデアが新規事業になり、環境や福祉に貢献できる。あなたも挑戦しませんか?


3769_president.jpg

義務や責任から社会貢献するのではなく、楽しめる活動にしたい。

斎藤大介(Daisuke Saitou)株式会社 斎藤英次商店

昭和43年生まれ。子供は男子3人。妻とは見合い結婚。以来共働きを23年続けている。子どもの保育園の送り迎えを15年継続。就学しても授業参観や保護者面談に積極的に参加している。家事や育児は妻と分担(学生時代はラグビー部だったので洗濯が得意)。趣味は洋服、食事、読書、筋トレ。経営者として、会社のマネジメントだけでなく、家庭のマネジメント、 自己マネジメントの3つを行わなければ、真の経営者ではないという信念のもと精進。会社でマネジメントを行い、帰宅してからは、整理整頓、掃除、洗濯、ジムへ通うなど、家庭&自己マネジメントが始まる。家で寝転ぶ姿を子どもに見せることはない。子どもは親の鏡写し。父親の背中を見ているという緊張感を持ち続ける。そんなストイックな生活の中で、ジムでの筋トレは、ひとりになることができる大事な時間だ。


斎藤大介(Daisuke Saitou)

01 社員から見たイメージ
・相談や提案に関して本音で応えてくれるので、社員からも本音をぶつけられる社長です。
・行動力のある社長です。営業所を巡回しているので、つかまえるのが大変(笑)。

02 社長との距離
・毎年8月から10月にかけて、全社員が経営計画作成に関わります。
・社長が全ての営業所を巡回して、会社の戦略説明を行っています。
・毎週金曜日は社内相談日が設けられており、ここで社長と相談ができます。

03 社長の野望
企業は、ヒト・モノ・カネといわれていますが、これまで人財とお金について目標を立て、着実に会社を成長させてきました。これからはモノを創りあげていきたい。新たな事業拡大も視野に入れながら、海外に顧客を増やして輸出に力を入れるなど多角化を目指しています。

04 新卒生に期待すること
「環境の世紀」である今、私たちは古紙問屋としての使命を果たすことができる新たな事業を創造しています。若い人たちにも責任と権限をもってもらい、新しいアイデアをどんどん形にしていきたい。そのために、お客さまに最も近いところにいる社員たちがイノベーションを主導していける体制をつくっています。自分の仕事が環境に貢献できて、お客さまに喜んでいただけるなんて素敵なことだと思いませんか。


興味がある

エントリー方法選択

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー
TOP企業検索株式会社 斎藤英次商店
PAGE TOP