TOP企業検索ブランディングテクノロジー株式会社
ブランディングテクノロジー株式会社【東証マザーズ上場】【創業から18期連続増収】【経営者多数輩出】
ブランディングテクノロジー株式会社【東証マザーズ上場】【創業から18期連続増収】【経営者多数輩出】

ブランディングテクノロジー株式会社【東証マザーズ上場】【創業から18期連続増収】【経営者多数輩出】

20代で最も成長できるベンチャー企業へ。“成長/ワクワク/自分らしさ/市場価値”全て望む野心家必見!


2697_president.jpg

“自分らしさ”を活かした成長の軌道描ける企業として

木村 裕紀ブランディングテクノロジー株式会社

横浜市出身。休日はキックボクシングやトレーニングなど体を動かしていたり、毎月国内外に旅行に行ったり、ダイビングをしたりとオフも充実した日々を過ごしています。高校時代に打ち込んでいたカートレースは今でもやっています。 学生時代はアルバイトに打ち込んでいたように仕事は好きですが、仕事を充実させつつもただの仕事人間にならず、遊びとかオフの時間も充実させてトータルで自分自身のブランドや器を磨くこと、人生を「一日一生」楽しむことを意識しています。スタッフにも同じように仕事の時間もそれ以外の時間も充実させてブランドの高い人材になってほしいと願っています。


木村 裕紀

01 社員から見たイメージ
前を突っ走る社長ではなく一緒に責任を持ちながら少し前を歩いてくれるリーダーという存在です。時に優しくもあり厳しくもあり、常に自分を一歩高いステージへ成長させてくれる存在です。最近は経営の決定権を社員に任せることも増えているので、全体のプロデューサーのような形で時には皆を後ろから支えてくれています。

02 社長との距離
とても近い存在ですね。実際に席もすぐ近くです。笑
社長ではなく「木村さん」と呼ぶ文化があり、社長と呼ばれたくないと言っていますが、親近感や話しかけやすさを演出してくれているんだと思います。おかげで本当に話しかけやすく、優しく親身に話を聞いてくれます。「社長と仕事したいんですけどいいですか?」と生意気に言った僕にも「もちろん」と懐深く受け入れてくれました。(19卒山本)

03 社長の野望
2020年代の大きなテーマでもある「ブランドを軸に中小・地方企業のデジタルシフトを担う」という役割を果たし、リーディングカンパニーとして成長し続けること。そしてこれまで創業から続けてきた増収を、これから5期10期と増収増益で続けていくこと。プラスで、スタッフが自分のブランドやらしさを磨きつつ、人生楽しく生きていくための1つとして仕事の充実の場となる会社であり続けることです。

04 新卒生に期待すること
学生時代に何かに打ち込んだ経験がある人は強いなと感じています。部活でも趣味でも旅行でも何でもいいです。その経験はベンチャービジネスパーソンとして結果を出す上で背骨となる所だと思うので評価しています。経験があれば是非アピールしてください。ビジネスもどれだけ夢とか目標をもって行動し、どれだけカロリー燃やしていけるかが重要だと思うので、夢や目標を叶えられる環境を用意してお待ちしています。


木村 裕紀社長の「武将診断結果」

武田信玄SHINGEN TAKEDA


合戦の状況を冷静に分析し、じっくりと取り組もうとするタイプ。「鎧をクリーニングに出してもらった」など人から受けた恩や優しさを決して忘れず、緑を大切にします。

あなたも武将診断で社長との相性を見てみよう!

説明会情報を見る

興味がある


エントリー方法選択

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー
TOP企業検索ブランディングテクノロジー株式会社
PAGE TOP