HOME株式会社With Pet Family
株式会社With Pet Family
フォロー

この投稿をシェアする:

情報は原典にあたれ‐業界分析、今後伸びる業界かどうかしか見ない人がほとんど?!‐

情報は原典にあたれ‐業界分析、今後伸びる業界かどうかしか見ない人がほとんど?!‐

こんにちは。
株式会社WithPetFamilyの採用担当です。

当社では、新卒入社を予定している内定者の方向けの研修の中で、ある課題図書を読んでいただいています。

これから社会人になる方をターゲットに、主に会社員として働くための心構えについて書いてある本です。

本の中に「情報は原典にあたれ」という章があります。
第三者から与えられた情報を鵜呑みにせず、自分で情報の出所にあたり、正しい情報を得るようにしよう、ということです。

例えば、ネットで見つけたある企業の売上の推移のグラフ、もしかすると急成長企業に見せるために目盛りの取り方によって印象付けられているのかもしれません。
マスコミが報道している情報も、何かの目的のために編集されたり、加工された情報です。同じ事実でも使う目的が異なるときには、異なる見方をする必要があります。

社会人として働く中でも重要なことですが、普段の生活や就職活動でもとっても大切なことです。

就職活動の際に、学生さんは一生懸命「業界分析」をするそうです。どの業界が「より良い」業界なのか?を探すのです。

でも、その「より良い」の指標、誰かから聞いた情報やどこかに書いてあった就活情報を鵜呑みにしていませんか?数字で事実をみていますか?

よく就活生向けの雑誌やWEBサイトには、○○業界は○%縮小、△業界は市場規模が△倍に拡大!なんてかいてありますよね。縮小なら悪い業界、拡大していれば安心でしょうか?

「いい業界」のイメージは大切かもしれません。でも、あなたの今後を左右する大切な決断を「イメージ」を鵜呑みにして決めるのは少し危険かもしれません。

縮小しているとは言え、そもそもの市場規模がどのくらいあるのか等、理由や原因、背景を探ることで、見えなかった事実が見えてくるでしょう。

また、業界の市場規模やイメージ以上に、数字を見ることが重要です。数字は事実を表していることが多いのです。

まずは、次の3つの観点で詳しく調べてみてください。

1、利益構造はどうなっているでしょうか?
2、マネタイズポイントはどこでしょうか?
3、労働分配率はどのくらいでしょうか?
 
そのなかで気になったことを深く調べたり比較したりすると理解が深まり、良い選択ができるはずです。

正しい情報をもとに「より良い」選択ができますように!

株式会社WithPetFamily
倉田


株式会社With Pet Family