TOP企業検索株式会社Delight
株式会社Delight  2019年目が離せないベンチャー企業に選出! 設立3年目、平均年齢25才!社長も24歳のベンチャー企業!
株式会社Delight  2019年目が離せないベンチャー企業に選出! 設立3年目、平均年齢25才!社長も24歳のベンチャー企業!

株式会社Delight  2019年目が離せないベンチャー企業に選出! 設立3年目、平均年齢25才!社長も24歳のベンチャー企業!

「何をやるかではなく、誰とやるか!」 Delightとやりましょう!<<<圧倒的>>>成長環境! 



上場企業からベンチャー企業への2年越しの入社 前編

上場企業からベンチャー企業への2年越しの入社 前編

明けましておめでとうございます!
Delight代表の新井です。

前職で一緒に働いていた川元君のうちへの入社が決まりました。


部署は違ったけど、同じ責任者の中で一番優秀で仕事への情熱をもっていてよく遅くまで二人とも残って仕事をしていました。

一緒に働きたかったから創業メンバーを探していた時に声をかけており、何回かご飯にいき誘っていましたが当時は断られました。


僕が起業してからもたまに連絡をとったりしながら、お互いの近況を話したりしながら再度うちに来て欲しいという事は伝えていました。

ただ、僕の起業当初からの信念で給与を上げて来てもらう事は絶対しません。お金でついてきたメンバーはお金でまた逃げていくと思っているからです。

ベンチャーに一番必要な人材はどんなに会社が苦しくても夢やビジョンをもって会社の未来を想像できるメンバーだと思っています。


給与は下がるし、休みも減るし、どれだけきついかも話した上でうちにきたら何が出来るのか、何をしてほしいか、何を求めているかなど話しあい、昨日は夜中まで僕の家でお互いの過去や未来をどうしていきたいか話しました。

話せば話すほど仕事への考え方や情熱を感じ、彼となら一緒に会社の未来を創っていけると確信し、益々強く入社してほしいと思いました。
 
今日彼から電話があって僕が考え事をするときによくいくスパに行くことなり、恐らく入社するかどうかについて話をするんだろうなと何となく感じていましたが、スパまでの移動中は当たり障りない話をしていました。

温泉に入ってからも他愛ない会話を続けていましたが、どちらからともなく仕事の話になりました。
2年前に断られた事が思い出され、内心なんと言われるかとてもドキドキしていました。。。。

続きはまた明日!

https://www.passion-navi.com/company/seminar_detail/3661/51533

  • シェアする
  • シェア
  • ツイート
  • 共有

説明会情報を見る

興味がある

エントリー方法選択

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー
TOP企業検索株式会社Delight
PAGE TOP