TOP企業検索株式会社パーツワン
株式会社パーツワン
株式会社パーツワン

株式会社パーツワン

キーワードはベストマーケティング!持続可能な社会を目指す会社!



理系でもない文系でもない私の場所--前篇--

理系でもない文系でもない私の場所--前篇--

須鎗 秋桜子 徳島県出身
東京農工大学大学院 自然環境保全学専攻
大学では「持続可能性の高い社会」や「都市と自然の調和」などが主な研究テーマ 趣味は登山。

■現役インターン生が語る パーツワンでインターンをする理由


「追試にします!」 1週間の選考を含めた講習を受け、最終テストであるプレゼンテーションに臨んだ私の合否は 「採用」でも「不採用」でもなく「追試」と言う結果を伝えられました。


理由はプレゼンテーション最後のツメで「意思ある表現ができていない」でした。


その瞬間「あぁそこまで見られているんだな」 プレゼンテーションに臨む準備に費やした1週間を思い出しながら 「駄目だったか」と言う思いと同時に陽だまりに包まれるような安心感を感じていました。


大学院進学を決めていた私は「秋からインターンシップにチャレンジしてみよう」と思い、複数の会社へ応募しました。 どこの会社でも決まって「どの大学なのか?」「理系なのか?文系なのか?」に興味の中心が行き 私が「理系である」と応えると「理系なのに営業に応募するのはなぜか?」とか「理系の人に提供できるインターンは無い」とか まるで理系だと理系のインターンしかやるなと言われているように感じることもありました。


「理系と言うけど、それは学部だけであって私は違う」 「これが理想と現実のギャップかな」 そう思い始めた頃パーツワンの面接に臨みました。 パーツワンの面接は私個人に焦点を当て、私の思いや考えを深く読み解いて行き、 「自分自身でそこまで考えていなかったな」と感じる自分の中の自分と向きあうような時間でした。 10分のプレゼンテーションが終わり私に下された判定は「追試」 その理由である「意思ある表現ができていない」の評価に対して 「そういえば高校の先生にも言われていたし大学の教授にも言われたな」 様々な思いが脳裏をよぎります。

  • シェアする
  • シェア
  • ツイート
  • 共有

説明会情報を見る

興味がある

エントリー方法選択

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー
TOP企業検索株式会社パーツワン
PAGE TOP