TOP企業検索株式会社日本プロテック
株式会社日本プロテック(阪急阪神東宝グループ/阪急阪神ホールディングスグループにおける首都圏事業拡大を担う会社)
株式会社日本プロテック(阪急阪神東宝グループ/阪急阪神ホールディングスグループにおける首都圏事業拡大を担う会社)

株式会社日本プロテック(阪急阪神東宝グループ/阪急阪神ホールディングスグループにおける首都圏事業拡大を担う会社)

鉄道、電力、半導体などの社会インフラを担う企業における基幹業務の課題をITで解決するのが我々の使命



モノ作りが大好きな君へ

モノ作りが大好きな君へ

こんにちは!システムエンジニアの疋田(ひきた)です。

子供のころ(もしくは今でも!)レゴ、プラモデル、工作などに夢中になっていた経験はありませんか?
今日は、そんなあなたはとてもプログラマー向きだと思います、というお話をさせてください。

私は小さい頃レゴが好きで、よくロボットや建物を作って遊んでいましたが、そんな性格が功を奏して(?)今のこの仕事が楽しくて仕方がありません。
その理由について考えてみたのですが...どうも、「システム開発における基本の3ステップ」とレゴ遊びなどには共通点があるということがわかりました(私調べ)。

■基本の3ステップ
①設計:システムの仕様や構造を考える
②製造:プログラムを作る
③試験:作ったプログラムをテストする

■①設計
何かを作るとき、事前にどういうものを作るか空想したりしますよね?
また、工作や絵画だったら最初の段階で図面や下書きを作ると思いますが、それらは正にシステムの構造を考えて設計書に起こす作業に他なりません。

■②製造
ここは言うまでも無いですね、思いっきり制作を楽しみましょう!
入社して初めて自分の作ったプログラム(電卓)が思い通りに動いたときの感動は今でも忘れられません。

■③試験(テスト)
作ったモノは、飾るだけじゃなくてそれで遊んだりしますよね?
それはシステム開発における"テスト"と同じようなものです。
ひたすらロボットでガッシャーンガッシャーンしてた方は、同じようにプログラムもガッシャーンしちゃいましょう。
遊んでいるとガ○ダムの腕がとれたりすると思いますが、それ(欠陥)を見つけるのがこのステップの目的です。

以上のように、この二つには多くの共通点があることがわかっていただけたと思います。
ただ、プログラミングには他のモノ作りと決定的に異なる、ある"よいところ"があります。
それは...

■プログラミングのよいところ
レゴやプラモデルは楽しいのですが、やたらとお金がかかるのが困りものです。
(特にレゴって結構いいお値段しますよね...)
その点、プログラミングはPCさえあれば無限にモノ作りをEnjoyすることが可能ですし、アイデアさえあれば可能性は無限大です!

もちろん、プログラミングは作品の置き場所もとりませんよ ;)


ではでは、長文にお付き合いいただきありがとうございました。
日本プロテックでは、ちまちま何かを作るのが大好きな同志のご応募をお待ちしております!https://www.passion-navi.com/company/seminar_detail/3583/55005

この記事をシェアする:

興味がある

エントリー方法選択

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー
TOP企業検索株式会社日本プロテック
PAGE TOP