TOP企業検索株式会社クラッソーネ
株式会社クラッソーネ【 住宅×ITベンチャー 名古屋・東京 】
株式会社クラッソーネ【 住宅×ITベンチャー 名古屋・東京 】

株式会社クラッソーネ【 住宅×ITベンチャー 名古屋・東京 】

【名古屋発】家づくりに革命を起こすベンチャー企業



100万人に一人の人材になる②

100万人に一人の人材になる②

みなさん、こんにちは。

前回の続きです。

前回すこし唐突気味に、みなさんは100年生きると言う話を書きましたが、これは、LIFE SHIFT という本が出所になります。恥ずかしながら、中途入社前の二年間、本を読まずに安穏と過ごしており、全く知りませんでしたが、この本を読んでから、新聞で【人生100年時代】と言う言葉に気づく事が多くありますので、以前から話題だったことに、今になって気が付きました。知らないということは怖いことですね。。。。

さて、100年時代をどう生きるかの中では、マルチステージの人生を歩むには無形の資産が必要で、それは次の4種類と書かれています。
①生産性資産(能力)②活力資産(健康)③変身資産(人脈)④パートナー(配偶者)

この中で、仕事に関係するのは①、③になるかと思います。(間接的には②④もですが)多様な働き方を選択するためには、パートナーの助けも必要ですが、パートナーも何かしらキャリアを持つ前提になります。100年人生を、より良く生きるためには、いまから働くことを意識し、どう行きていきたいか?ということを考え、どのように強みを得ていくかを戦略的に考える必要があると思いませんか?

LIFE SHIFTでは、特に100万人に一人の人材になる話が出てくるわけではありませんが、社会構造、人口動態、社会保障、年金制度などの変化で、今の世代の老後と同じようなリタイヤ生活を送ることはほぼ不可能に近いと思われますので、100年人生を送るための人生戦略としては、【有効】そうに思いませんか?

また、100人に一人☓3つの強みで、100万人に一人になるにしても、AIにより取って代わられる分野も出てきますので、その分野で100人に一人になっても意味はないかもしれません。オックスフォード大学でAIなどの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授によると、銀行の融資担当や不動産ブローカー、給与福利厚生担当など様々な職業が無くなる職業として挙げられています。ルーティーン化、要件定義ができるような仕事は、ビッグデータとディープラーニングによりAIが判断できるようになるのでなくなってしまうとのこと。逆に人間しか出来ない種類の、クリエイティブな分野の仕事はなくならないと言われていますので、自分の強みを掛け合わせ、仕事を新たに作れるような戦略が有効そうです。

  • シェアする
  • シェア
  • ツイート
  • 共有

説明会情報を見る

興味がある

エントリー方法選択

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー
TOP企業検索株式会社クラッソーネ
PAGE TOP