TOP企業検索株式会社バルセロナ
株式会社バルセロナ【人生に挑み続ける人たちへ、明日へのパワーを注ぐ仕事を】
株式会社バルセロナ【人生に挑み続ける人たちへ、明日へのパワーを注ぐ仕事を】

株式会社バルセロナ【人生に挑み続ける人たちへ、明日へのパワーを注ぐ仕事を】

「家族も応援したくなるような、職場」どこよりも濃密な社会勉強ができ、質の高いマネジメントを学べる!



【学生×社長インタビュー⑴】承認ビジネスとしてのニュークラブ【全5回】

【学生×社長インタビュー⑴】承認ビジネスとしてのニュークラブ【全5回】

皆さん、こんにちは。
株式会社バルセロナ 人事部:前村でございます ( ・◡・ )

先日、リクルートイベントに参加していた弊社社長 波戸崎のもとに、一人の学生さんが!
北海道大学国際食資源学院に在学中、株式会社リンク・アンド・モチベーションに内定中の江間満里奈さんです。
江間さんは就活中の学生さんへ向けて様々な企業の経営者へインタビューした内容を執筆・発信しているとのことで、今回の【学生×社長インタビュー】が実現しました!

というわけで、実際に江間さんが執筆されたインタビュー記事を、全5回に分けてお届けします!
ぜひご覧ください(`・-・´)/

---------------

江間さん:——本日はお時間を割いていただきありがとうございます!どうぞよろしくお願いします。
まずは、会社の事業と現在の社長としてのお仕事について教えてください!

波戸崎:よろしくお願いします。
まず、事業としてはニュークラブの経営をしています。私たちはニュークラブ経営=承認ビジネスだと考えています。お客様に「仕事を頑張ってよかった。また頑張ろう。」と思っていただけることを目的としています。
次に、個人の仕事としては、会議・新卒採用・現場の把握・研修の計画実行(育成の仕組み作り)をおよそ同じ割合で行なっています。育成については、キャストさん(店舗でお客様を接待する女性スタッフ)に対するアンケートを独自で作成し、辞める人や成長する人の傾向を分析してマネジメントに活かしています。

江間さん:そもそもなぜニュークラブ経営をしようと思われたのですか?

波戸崎:教師ばかりの家系で、清く正しく生きる大人達に囲まれて育ってきました。学生時代は優秀だった人たちが、今の仕事にやりがいを感じているようには見えず、「大人って苦しそう。頑張っている人ほど辛そう。」と違和感を感じていました。
その経験から、頑張りを承認してもらうことの大事さに気づき、「他人の承認により仕事にやりがいが持てて、いきいきとする大人が増えるのではないか。そういう大人が増えていくと子供も未来に期待できるのではないか。」と考え、承認ビジネスとしてニュークラブの経営をするに至りました。

江間さん:なるほど。ニュークラブ経営を承認ビジネスと考えると、認識が大きく変わる気がします。

---------------

次回更新:来週(月)「この業界を日本の文化にしたい」

  • シェアする
  • シェア
  • ツイート
  • 共有

説明会情報を見る

興味がある

エントリー方法選択

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー
TOP企業検索株式会社バルセロナ
PAGE TOP