HOME株式会社ISO総合研究所
株式会社ISO総合研究所
フォロー

この投稿をシェアする:

【代表 山口智朗ブログ】区切りの戦い

【代表 山口智朗ブログ】区切りの戦い

テレビを見ていて
「この企画の区切りが終わったところで○○しよう」
と思いながら気がつくとだらだらとテレビを見続けてしまう時があります。

今日も小学生VS元プロの戦いで区切りがついたらスタバに読書しに行こうと思いながら、
気がつくと時間が経ってしまいました(区切りつけていきましたけど)。

テレビって喫煙に似ていると思うのは私だけでしょうか。
誰でもほとんどの番組をみたいと思って見ているかどうかと言われると、
どちらかといえばだらだらと見てしまい、
どこかで区切りをつけようとしているけど区切りがつかない。
気がつくと見続けてしまう。
私も学生時代は深夜までテレビを見てしまう人でした。

改めて考えるとテレビは区切りをつけられたらいけないわけで、
区切りをつけさせないための技術を磨いていることでしょう。

一方見ている方はなんとか区切りをつけようとしている。


区切りの戦いだなと思いました。

ある意味継続的なビジネスも同じで、区切りをつけられてしまうか、
つけられないかで継続率は変わることでしょう。

テレビ離れが進んでいると言われる中で
テレビの区切りをつけさせない技術は学ぶところがあるけど
今までそんな観点で見て来てなかったです。

弊社もストック型の継続ビジネスをしているわけですから
テレビの区切らせない技術からもっと学べるところがあることでしょう。

区切らせない技術には、単純にメリットもあれば
戦術、戦闘レベルの技術もあるでしょう。
そう考えたら弊社のビジネスはまだまだ進化させられるなと思います。


だらだらとテレビを見るくらいなら、見ながらも
だらだら見てしまう要因をちょっとでも考えながらだらだらします?

します!

よし!やるだけ!

19卒インターン募集中!!


株式会社ISO総合研究所