HOME株式会社ISO総合研究所
株式会社ISO総合研究所
フォロー

この投稿をシェアする:

【代表 山口智朗ブログ】「いつか使えるから持っておく」「そろそろやらないとな」

【代表 山口智朗ブログ】「いつか使えるから持っておく」「そろそろやらないとな」

ゆるーくテレビを見ていたら断捨離の 話だった。
断捨離をして人生が変わった という話だ。

いつかいるいつかいるだろうと思って 
捨てられないのが溜まってゴミになる。

この考えをビジネスの世界でいうと 環境整備につながっていくんだろうと 思う。

私どもの業界に目を向けるとISOやP マークに対しても
断捨離要素が2つ ある。


1つはISOはいつか使えるだろうという 期待への断捨離だ。 

正直にいうと私はISO、特にQMSは良い 仕組みだと思っている。
弊社はどんどん QMSでの仕組みづくりを進めている。 
ただ有効だと思うのはサービス業が中心 ではないかと考えている。

逆にいうと製造業や建設業では有効性ってどうかなと考えている。
すでに素晴らしい 
品質管理たいせができているわけだから
いまさらISOにどうこう言われる筋合いが ないと思う。 

そしてお客様の要求でもないけど
「いつか使えるから持っておく」
というのはどうかと考えている。
今使えてないものは一旦断捨離すべきだ。

それが戦略。 
取捨選択だ。

もう一つの断捨離要素はお客様要求で 
どうしてもISOやPマークをやり続けないといけない場合の断捨離だ。 

ISO運用自体は弊社のようなアウトソーサーに 任せることなく自社で十分できることだ。

しかし だからといって自社でやるという選択はどうなんだろうと思う。

特に中小企業では兼務でISOやPマークの担当をしている。

それこそ
「そろそろやらないとな」

と審査前になって机の上に書類を出してきてはまた仕舞う。

やらないと思いながら気が進まないのでまた仕舞うを繰り返すことだろう。

まあそんなことはほとんどの会社のトップは知らない。

じゃないと自社でやるなんて意思決定をするはずがない。

ISOやPマーク担当の憂鬱を知っていたらそんな意思決定、私だったら絶対しない。 

この
「そろそろやらないとな」
は見逃されがちだが
「いつか使えるから持っておく」
と同じくらいタチが悪いと思っている。

最終的な意思決定は当然それぞれの会社の代表だが 
一度ISOやPマーク担当の実際の作業状況を見て見たら 
それは
「断捨離すべき」
ことだとわかることだろう。 

私も現場を見て回り、断捨離をして回ります。
よし!やるだけ!

説明会で山口の話を聞こう!


株式会社ISO総合研究所