TOP企業検索株式会社ウィル・ビー
株式会社ウィル・ビー ≪地域密着型の不動産事業を展開。挑戦と成長を楽しみ、ワクワクしながら仕事がしたい人求む!≫ 次回インターンは8/29 13:00~
株式会社ウィル・ビー ≪地域密着型の不動産事業を展開。挑戦と成長を楽しみ、ワクワクしながら仕事がしたい人求む!≫ 次回インターンは8/29 13:00~

株式会社ウィル・ビー ≪地域密着型の不動産事業を展開。挑戦と成長を楽しみ、ワクワクしながら仕事がしたい人求む!≫ 次回インターンは8/29 13:00~

業界の"当たり前"にイノベーションを起こせ。ご縁を大切に創業19年、新たな挑戦のステージへ!!



自分を成長させるストレッチゾーン

自分を成長させるストレッチゾーン

こんにちは。入社11年目のハイブリッド仲介部の高島です。

皆さんは、コンフォートゾーン・ストレッチゾーンという言葉を
耳にしたことはありますか?

【コンフォートゾーン】とは、安心感があり居心地が良いと感じる心理領域のことを指します。
例えば、慣れ親しんだ毎日の行動をしている時であったり、いつもの空間にいる時であったり、
そうした慣れ親しんだものに触れるとき、安心感を感じリラックス出来ます。

人間は、人生の90%以上を居心地の良いコンフォートゾーンで過ごすと言われています。
しかし、居心地のいい場所に居続けると人間は成長出来ません。
それは、頑張らなくても生きていけるからです。
そのため、コンフォートゾーンのことを「ぬるま湯」と表現する人もいるくらいです。

【ストレッチゾーン】とは、コンフォートゾーンを出た心理領域のことを指します。
つまり、安心感や居心地の良さを感じる領域を出て、ちょっと不安やストレスを感じる状態に
いるということです。
例えば、知らない人と会う時、見ず知らずの場所に行く時、新しいプロジェクトを任された時などです。

そんな時は、未知の出来事に遭遇したり、失敗したりするリスクもあります。そのため、少し気を張った状態になるはずです。 そんな心理的領域がストレッチゾーンです。

このストレッチゾーンは、大きな成長が期待できる領域でもあります。

したがって、もし成長が必要だと考えた時は、コンフォートゾーンの外へ足を踏み出しリスクを負わなくてはならないということを覚えておく必要があります。

未知なる領域へ踏み出すということは、新しい環境で失敗し、恥をかく恐れがあります。
それでも一歩踏み出すことで得られるものは多いのです。

実際に、活躍するプロスポーツ選手は、成長と成果を求めて、コーチを変えたり練習環境を
変えたり、海外に武者修行に行ったりします。
それはまさに、成長のためストレッチゾーンに身を置こうとする行為です。

同じように、私たちも自分自身を成長させたいと考えるなら、意識的にストレッチゾーンに
入っていく必要があります。
人間は辛い方よりも、つい楽な方を選んでしまいがちですから意識的に!

自分自身の将来を考えたときに、成長する姿を思い描いている方は、
弊社は自分次第で成長出来る環境があります。
ストレッチゾーンに身を置きたい人をお待ちしております。

説明会・インターンの予約はこちらから
紹介動画はこちらから

  • シェアする
  • シェア
  • ツイート
  • 共有

次の情熱メッセージ:
求められているものは?



説明会情報を見る

興味がある

エントリー方法選択

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー
TOP企業検索株式会社ウィル・ビー
PAGE TOP