TOP企業検索株式会社ウィル・ビー
株式会社ウィル・ビー ≪地域密着型の不動産事業を展開。挑戦と成長を楽しみ、ワクワクしながら仕事がしたい人求む!≫
株式会社ウィル・ビー ≪地域密着型の不動産事業を展開。挑戦と成長を楽しみ、ワクワクしながら仕事がしたい人求む!≫

株式会社ウィル・ビー ≪地域密着型の不動産事業を展開。挑戦と成長を楽しみ、ワクワクしながら仕事がしたい人求む!≫

業界の"当たり前"にイノベーションを起こせ。ご縁を大切に創業19年、新たな挑戦のステージへ!



宅建士としての責務

こんばんは。19卒内定者の澤木です。

先日、ようやく手元に「宅建士証」が届きました!

私は昨年の3月に内定をいただいた後、
「宅地建物取引士」の資格を得るべく約半年かけて勉強し、
なんとか無事に合格することができました。

「宅建士証」とは「宅地建物取引士証」の略で、
これがなければ重要事項説明を行うことができません。

逆に、重要事項説明が自分でできるようになるということは、
お問い合わせ時の初回レスポンス~契約・鍵渡しという一連の流れを人任せにせず
全て自分で行えるので、よりお客様の信頼も高まりますし、
それによって次のお部屋探しをリピートしてお任せいただけるきっかけともなります。


先月に行った私自身の部屋の契約時、上司に重要事項説明をしていただいたのですが、
その際に教わったのが『契約=セレモニー』という考え方です。

一生における引っ越しの回数は、一般的に3,4回と言われています。
10回も20回も引っ越しをする人なんて、まれですよね。

人生のうちで数えるほどしかない引っ越し。新生活の始まり。
お客様にとってそれほど大切な場に立ち合うことのできる喜びが得られると同時に、
宅建士として重大な責任感を持つ必要があると感じました。


もしウィル・ビーとご縁があってご入社いただけることとなった場合、
ぜひ大学在学中に宅建士の資格を取得してください!
来年の春、アドバンテージのある状態で社会人生活をスタートできますよ。

資格取得についての質問は、説明会でも受け付けております^^
4月の日程も公開となりましたので、お早めにご予約くださいね。

インターンシップ・説明会の予約はこちらから
紹介動画はこちらから

宅建士としての責務

  • シェアする
  • シェア
  • ツイート
  • 共有

前の情熱メッセージ:
プレゼント選びと接客と

次の情熱メッセージ:
整理・整頓・清掃が大事!



説明会情報を見る

興味がある

エントリー方法選択

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー
TOP企業検索株式会社ウィル・ビー
PAGE TOP