TOP企業検索株式会社ファイブニーズ
ファイブニーズ【酒業界の商習慣に本質の追求とイノベーションを!】
ファイブニーズ【酒業界の商習慣に本質の追求とイノベーションを!】

ファイブニーズ【酒業界の商習慣に本質の追求とイノベーションを!】

東京・大阪・名古屋・福岡にて説明会開催中!超少人数性で行うのでどんな相談・質問でもOK!お早めに!!



「なにをやりたいか」ではなく「どうなりたいか」で成長は変わります。

みなさんこんにちは!
採用担当の小野です!

さてみなさん、この題名よくわからないよー!って方いませんか?
数百人の面接をさせていただいた私の経験からすると、この本質を理解している方は1割もいないと断言できます。
さらに実行まで出来ているとなるとさらに1~2割くらいの方しかいないでしょう。

将来は「〇〇になりたい!」「△△に携わった仕事がしたい」という夢はだれしもあったと思います。
これ自体は悪いとは思わないですが、これだけだと危険な場合が存在します。

例えば、車を売る仕事がしたい!と思ってA社に入ったのに、配属されたのは別の事業部で保険を売る仕事だとしたらどうでしょう?
この人は幸せでしょうか?不幸せでしょうか?

私はこの人の捉え方1つだと思います。

もしこの方が「なにをやりたい」軸で単純に【車を売る仕事をしたい】でこの会社に入ったのであれば、「自分のやりたいことはこれじゃないんだーーー!!」といって辞めてしまうかもしれません。

でももしこの人が「どうなりたい」の軸で考えて入社していたとしたら・・・
例えばですが、【車に関わることは全て回答することができ、車社会のコンシェルジュのような存在になりたい】と思っていたとするならば、車に関わる保険もこの人にとっては通過点ですし、思ってた部署と違っても関係なくなると思います。
さらに、配属先が仮に経理でも総務でも、自分自身がコンシェルジュになるには必要知識だなと思うことができるかもしれません。

少しわかりにくい点もあるかもしれませんが、ずっと先の「なりたい将来像」が定まっていればブレることなく成長できますし、正しい成長の過程も踏めます。
人生においてのゴールや目標を設定しましょう。という話です。

なかなか文章で伝えるのは難しいところではありますので、もしもっと詳しく聞きたい方は是非メッセージをいただくか、説明会でお待ちしております。

説明会情報はこちら!

「なにをやりたいか」ではなく「どうなりたいか」で成長は変わります。

次の情熱メッセージ:
もう4月が終わります・・・



説明会情報を見る

エントリー方法選択

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー
TOP企業検索株式会社ファイブニーズ
PAGE TOP