TOP企業検索株式会社Wiz
株式会社Wiz【設立初年度からベストベンチャー6年連続認定企業】
株式会社Wiz【設立初年度からベストベンチャー6年連続認定企業】

株式会社Wiz【設立初年度からベストベンチャー6年連続認定企業】

売ると創るで名だたるベンチャー企業へ!ヒトがシゴトしやすい社会の実現を目指す



面接の際、必ず質問すべき?

面接の際、必ず質問すべき?

こんにちは!人事部です。

『面接の際、必ず質問すべき?』のギモンに回答します!
ぜひ参考にして頂ければと思います!

「面接の際には必ず質問をしないといけないのに、なかなか浮かばない・・・」
「質問の有無で面接の印象が変わるんじゃないか・・・」
「また質問を受けるなら、どのようなことを聞いて欲しいだろうか・・・」
こんな悩みを持った学生さんもおおいのではないでしょうか?

★まず『面接の際、必ず質問すべき?』★
必ず面接では「質問は何かありますか?」と聞かれますよね。
たしかにこれって必ず質問した方がいいのかな?と思っている方多いと思います。

単刀直入に言うと、質問はした方がいいです。
しかし、必ずといった訳ではありません。

考え方としては、
「自分が受ける会社。入りたいと思っている会社はどんな会社なのか」を知るチャンスと思って頂きたいです。
「私は御社にとても興味があるんです」という部分のアピールチャンスにもなりますね!

★次に、『質問の有無で面接の印象が変わることがありますか』★
たしかに質問をしてくれる事で、【積極性】【自己主張】などが垣間見れます。
たくさん質問する人は本当にうちの会社に興味があるんだな、
こういった緊張する場面で手を挙げて発言できる積極性があるんだな、といった
印象を受けます。

★さらに『質問を受けるなら、どのようなことを聞いて欲しいですか』★
例えば、
『給与はどのような形で上がるの?』
『将来こういった事をやりたいが、可能?どうやったらできる?』
『どんな人が活躍している?』
など、前向きな質問はやはり好印象を受けます。

しかし、不安に思っている事や、実際の所はどうなのか?
などのもやもやしている疑問点は解消してもらいたいので
そういった質問もしてほしいです。
なぜかというと、いいお話だけをしても入社した後にギャップが生まれてしまえば
お互いにメリットがありません。

マイナスな質問をしたからといって選考に響く訳ではありませんので
積極的に質問してきてくださいね!

★最後に★
入りたいと思った会社は自らどんどん知りに行ってください!
私たちも全力でお答えします☆

少しでもみなさんのお力になれたら幸いです。
Wizの面接でお会いできる事を楽しみにしております!

この記事をシェアする:

説明会情報を見る

興味がある

エントリー方法選択

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー
TOP企業検索株式会社Wiz
PAGE TOP