TOP企業検索株式会社アイデンティティー
株式会社アイデンティティー 平均年齢27.5歳、新卒大躍進中!
株式会社アイデンティティー 平均年齢27.5歳、新卒大躍進中!

株式会社アイデンティティー 平均年齢27.5歳、新卒大躍進中!

【大型資金調達済み!ベストベンチャー100選出】新卒から即戦力として圧倒的な成長をしたい学生大歓迎!



スーパーポジティブな僕が、面接中に泣きそうになってしまったお話

スーパーポジティブな僕が、面接中に泣きそうになってしまったお話

圧迫面接って、みなさんご存知でしょうか。
なんか大変そうだし
できれば避けたいですよね。

今回は、圧迫面接に関わる
僕の就活体験談をお話ししたいと思います。

こんにちは!5回目の更新
金曜日担当のじつもりです!

僕は、圧迫面接をされたことがありません。
ではもう一度この記事のタイトルを見てみましょう。

「いや、泣きそうになったって、それ圧迫面接じゃん!」
こう思いましたね?

これはどういうことか。
僕は一度だけ
面接中に”悔し涙”を流しそうになってしまったのです。

就活における選考は
ただ単に優秀な人材を集めるために
行っているわけではありません。

優秀かつ”自社にマッチした”人材を集めるために
行っています。(すべてがそうとは明言しません)

そのため、学生の事を過去/現在/未来に分けて分析し
自社に入社したら、どんな活躍をしてくれるのか
ということを見極めています。

つまり、学生の事を本気で知ろうとしてきます。

話は過去に戻り
4年生の4月ころに移ります。

当時の僕は軸がブレブレで
とりあえず企業分析だけはきっちり固めていっていました

ここで僕はとある人事さんと出会い、
自分の未熟さを知ることになります。

面接の内容は
また別の記事でお話ししようと思いますが
僕はその人事さんにボコボコにされました。

そして、面接開始15分で泣きそうになりました。
「自分の事を聞かれているのに、なんでこんなに答えられないんだろう」
こんな思いでいっぱいでした。

スーパーポジティブがウリな僕ですが
さすがにその時はかなり落ち込みました。
しかし上手く乗り越え、自己分析の大切さに
気付くことができたので、良かったです。

これから就活に臨むあなたは、
「圧迫面接」と「本気で自分の事を知ろうとしてくれる面接」
は別物と考えてくださいね!

以上。じつもりでした!

□■□■□■□■□■□■□■□
⇩21卒説明会予約はこちらから⇩
https://www.passion-navi.com/company/seminar/2772

Twitter… https://twitter.com/identity_hr

Instagram… https://00m.in/hK9qW
□■□■□■□■□■□■□■□

  • シェアする
  • シェア
  • ツイート
  • 共有

前の情熱メッセージ:
就活ノート



説明会情報を見る

興味がある

エントリー方法選択

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー
TOP企業検索株式会社アイデンティティー
PAGE TOP