TOP企業検索株式会社アイデンティティー
株式会社アイデンティティー 平均年齢27.5歳、新卒圧倒的活躍中
株式会社アイデンティティー 平均年齢27.5歳、新卒圧倒的活躍中

株式会社アイデンティティー 平均年齢27.5歳、新卒圧倒的活躍中

売上の25%を2年で叩き出す営業力を身に着けろ



何をするかより何になりたいか

こんばんは!月曜担当北井です。

今日もバイト終わりにタリーズでブログ書いてます。

先月までタリーズのBGMがハロウィンミュージックばかりで(女の人の叫び声とか入ってた)すごく心を不安定にさせられながらブログ書いてたんですがハロウィンが終わってクラシック音楽になったのでかなり精神状態は安定しています。

最近内定者ブログで夢についての記事が多いので私も書こうかなと思います。

タイトルの通り、「何をするかより何になりたいか」

これは就活中私が最も悩み、考えまくった問いでした。

私は正直いうと最初の頃は自分が人材業界で働くとか、営業をするなんて思ってもいませんでした。芸大に通っていることもあり、ものづくりは昔から好きで将来自分は広告、デザイン系の仕事に就きたいと漠然と思っていました。

しかし、学年が上がるにつれて私は周囲との差を感じ始めました。周りの友達は中高から画塾に通っていたり、個展を開催したりして、デザインに対しての考え方や実力が全然違ったんです。周囲のその様子を感じていながらも自分は彼らと同じ熱量でデザインに向き合うことができませんでした。

就活を目前にして、やりたいことを仕事にするべきか。とても悩みました。自分は彼らと同じ土俵で勝負できるのか、そもそもなぜやりたいと思うのか。

どう考えても

「好きだから。」

それしか浮かばなかったんです。

これじゃダメです。面接でこんな風に答えたら即落ちます。やりたいと思うからにはそこに理由がちゃんとあって目標を設定しなければなりません。そうでなければそれはただの趣味なのです。仕事にはなりません。

そのことに気づいてからは考え方を変えました。"今"ではなく"未来"のことを考えるようにしたんです。

10年後、20年後、30年後の自分を想像しました。

どんな自分になりたいだろう。

どんな自分でありたいだろう。

以前の私は"今"のことばかり考えていました。しかし、今があっての未来、未来があっての今です。目的、目標を持たない"今"に"未来"はないと思います。

もし、皆さんの中に、今やりたいと思っていることを仕事にするべきか悩んでいる人がいるとすれば、とりあえずその先のことを考えてみてください。やりたいことをし続けた先にいる自分をちゃんと想像できて、その姿に納得できるのであればそれは正解だと思います。 

  • シェアする
  • シェア
  • ツイート
  • 共有

前の情熱メッセージ:
軸を見つける

次の情熱メッセージ:
自分の意志で判断せよ



説明会情報を見る

興味がある

エントリー方法選択

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー
TOP企業検索株式会社アイデンティティー
PAGE TOP