TOP企業検索ブランディングテクノロジー株式会社
ブランディングテクノロジー株式会社【東証マザーズ上場】【創業から18期連続増収】【経営者多数輩出】
ブランディングテクノロジー株式会社【東証マザーズ上場】【創業から18期連続増収】【経営者多数輩出】

ブランディングテクノロジー株式会社【東証マザーズ上場】【創業から18期連続増収】【経営者多数輩出】

20代で最も成長できるベンチャー企業へ。“成長/ワクワク/自分らしさ/市場価値”全て望む野心家必見!



経営陣との距離感 ①


皆さんこんにちは!
2018年入社で唯一大阪勤務の茂木(シゲキ)です!
早いもので入社から半年が経ち、10月から下半期がスタートしました。
今回は最近私が感じている、フリーセルにおける経営陣との距離感について述べたいと思います!

フリーセルでは日々の稼働において、1日の成果の認識、自身の課題発見と解決策の策定、他者にフィードバックするために
毎夕に上司(+同期)へ日報メールを送り報告しています。これは新卒だからというわけではなく、全社員共通です。

また、半期ごとに目標設定を行い、その目標の到達度合いによって評価をされます。
これは、その職種やレイヤーの違いがあっても適切に評価をするための仕組みです。

私は営業職なので、上半期の自身の目標の中に「一人営業で契約を取る」という目標を設定しておりました。
結果的になんとか9月末に目標達成をすることができたので、ひとまずホッとしています。笑
皆さんからすると入社1年目から一人で営業へ行くことに驚く方もいるかもしれませんが、
私が驚いたのは、社長や取締役などの経営陣との距離感です。

私が一人営業で契約を取ってきた日の日報に対して、社長からメールでコメント付きの返信がありました。
一新卒の日報を社長が見ており、わざわざコメントをくれる、そんな会社はどれくらいあるのでしょうか。
毎日、多忙な社長・取締役が、何百人といる全社員の日報を欠かさず読んでくれているのです。
見てくれている事への嬉しさ、見られている事への緊張感、などモチベーションへの影響は計り知れません。

世の中には沢山の企業が溢れていますが、社長と会ったことがない、社長が自分の名前を憶えていない
逆に社長の名前も顔も知らない、なんていう会社も規模感によってはあるのではないでしょうか。
皆さんに対するフリーセルのアピールポイントは他にもっと色々ありますが、
今回は、経営陣との距離感について述べさせていただきました。
(つづく)

  • シェアする
  • シェア
  • ツイート
  • 共有

前の情熱メッセージ:
経営陣との距離感 ②



説明会情報を見る

興味がある

エントリー方法選択

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー
TOP企業検索ブランディングテクノロジー株式会社
PAGE TOP