TOP企業検索株式会社グッドライフ
株式会社グッドライフ 《上場準備中の成長企業!成長環境充実で2年目年収1000万円可!働き方改革実施中の安心職場環境!》
株式会社グッドライフ 《上場準備中の成長企業!成長環境充実で2年目年収1000万円可!働き方改革実施中の安心職場環境!》

株式会社グッドライフ 《上場準備中の成長企業!成長環境充実で2年目年収1000万円可!働き方改革実施中の安心職場環境!》

「不動産テクノロジー×アドテク」業界の数年先のあるべき姿を常に先取りしている不動産ベンチャーです。



人の格差はどこからくるの?

こんにちは。
㈱GOODLIFE企業戦略室の藤原です。
 
エン・ジャパン株式会社が「社会人の学習習慣」についての調査結果を公表しました。
(最下段のリンクを参考になさってください)

この調査によると、
 
・7割が「仕事に関わる知識やスキルの学習に取り組んだことがある」と回答。
・具体的な学習、資格取得や職務に活きるスキルアップが人気。
・学習方法は「読書」、学習時間は「週に1〜3時間未満」。
・学習習慣による良い変化として、「自信が持てた」「仕事に活きた」という声が多数。
 
ということで、多くの社会人に学習習慣があることがわかります。
更に、学習習慣が仕事にポジティブな影響を与えているのだなぁとも読むことができます。
 
ただ、私としては気になる面があります。
学習に取り組んだことがあるが7割なので、逆に言うと、
「学習に取り組んだことのない人が3割もいるのか!」
という、驚きというか、がっかりというか、残念というか。。。
 
ところで、福沢諭吉は『学問のすゝめ』の中で
「天は人の上に人をつくらず」として人は本来平等だと説きました。
しかし、現実には人は平等ではなく雲泥の格差があると指摘しています。
そして、『実語教』という江戸時代の教科書を引用して
人の格差は学んだか学ばなかったかの差であると述べているのです。
 
私は科学的根拠を持ち合わせているわけではありませんが、
個人的には学習は費用対効果の高い投資だと考えています。
そしてGOODLIFEも人材への投資は効果が高いと考えています。
学習意欲の高い方にGOODLIFEの教育制度を使い倒してもらえたら幸いです。
 

(参考)1万人が回答!「社会人の学習習慣」実態調査
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/enjapanhp/wp-content/uploads/20190312133404/20190312_%E3%82%A8%E3%83%B3%E8%BB%A2%E8%81%B7%EF%BC%88%E5%AD%A6%E7%BF%92%E7%BF%92%E6%85%A3%EF%BC%89.pdf

  • シェアする
  • シェア
  • ツイート
  • 共有

過去の情熱メッセージ




前へ 次へ

興味がある

エントリー方法選択

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー

あなたの志望度をアピール!

アピールエントリー
TOP企業検索株式会社グッドライフ
PAGE TOP